わたしたちがめざすこと

社会にこれまでなかったようなサービスを。実現がむずかしいとされていた領域に風穴を。
足りないモノを知恵と工夫にと創意によって編み出し、プラスすることで関係するすべての人々に歓びの広がる事業を。誰にも真似のできない真心とセンスのこもった運営を。

賑屋の歴史は、こうしたいくつもの熱意が歩んできた軌跡そのものです。

私たちは❝歓びの創造❞をテーマとし、複合業種型の業態で独自性のある事業展開をめざしています。
歓びをクリエイトして社会に花開かせるためには、まず何より我々自身がハッピーであらねばならない。クリエイティブでなくてはならないと社員全員が肝に銘じています。
つねに守りではなく攻めの姿勢でいること。一人一人の社員がおもしろいと思い、やりたいと願うことにのびのびと挑戦する。小さくまとまらないで常識を破ることに挑む。
そんな社員のチャレンジ精神の一つ一つにが実を結んで、その集合体がこれからの賑屋をますますユニークに形づくっていくと信じています。

レストランmitteから歩み出した私たちの小さな一歩。
現在ではケータリングやイベントなど多角的に7事業を展開するに至りました。しかし今も成長のまっただなかです。
まだ見ぬ未来に、もっと大きな❝歓びの創造❞をもたらすために───。
以下のキーワードを行動指針として、若い私たちらしい実りある歓びを未来につないでまいります。